tレグアレルギーの免疫細胞は救世主!?花粉症や食物アレルギーに効果あり?


Treg4東京大学・大学院の本田 賢也准教授らが発表

した、消化管内にいる「クロストリジウム属

細菌」のtレグアレルギーの免疫細胞は救世主

!?花粉症や食物アレルギーに効果あり?

sponsored link

tレグアレルギーの免疫細胞は救世主!?

zu2

 

zu3

東京大学・大学院医学系研究科の

本田 賢也准教授らが発表した、

消化管内にいる「クロストリジウム属細菌」が、

免疫抑制に絶対必要な細胞である

「制御性T細胞(Treg細胞)」である事を明らかにし、

 

それが、産生を強力に誘導する要因として、

「制御性T細胞(Treg細胞)」を活性化する事が大切で、

 

それは、「炎症性腸疾患」や「関節リウマチ」などの

免疫システムの行き過ぎた過剰反応を止める効果があり、

 

例えば、高齢者が「リウマチ」に悩み苦しんでいて、

これまで病院からもらった薬や週末に「リウマチ予防」として

効果効能ががあろそうな「温泉」に行ったいた人が、

 

「制御性T細胞(Treg細胞)」を

体内で増幅するような医学的処置が可能になると、

自己免疫疾患の症状の軽減(分泌性異常)や

アレルギー疾患(代謝不全)の治癒する可能性が高くなり、

 

今後もっと研究が進むと、意図的の腸内細菌の

Treg細胞の産生(Treg細胞数を増やす)を向上させ、

 

そうなれる現段階での研究として、

「通常環境で飼育されたマウス」と「無菌マウス」の

腸内の「制御性T細胞(Treg細胞)」を比較したところ、

 

「クロストリジウム属細菌」が

大腸内のTreg細胞を増加させていたのは、前者だった。

 

つまり、人間にも同様の事が考えられ、

「ある程度汚い環境で免疫力を意図的に

向上させたほうが健康のためにはいい!」し、

そうなりたくてもなれない場合は、

 

「制御性T細胞(Treg細胞)」を

医学的な方法によって、体内に入れてしまえば、

「炎症性腸疾患や関節リウマチなどにならなくてすむ」

という優れた細胞だって事です。

sponsored link

花粉症や食物アレルギーに効果あり?

食物アレルギ

IMG_2066

1960年代以降、「アレルギー」の患者数が急速に増加し、

完全な治療は不可能だと考えられてきたアレルギーは、

 

これまで「国民病」と呼ばれ、

例えばそれは、日本人のほとんどが悩み苦しんでいる

「花粉症」「食物アレルギー」「動物アレルギー」

などを例に出すとイメージしやすいのではないでしょうか?

 

また、

「制御性T細胞(Treg細胞)」が

医学の発展によってコントロールする事が可能になれば、

免疫力を下げる心配はなく、

アレルギー反応を低下させることが可能なため、

 

とくに「小さい子供を育てている親」は

「我が子が花粉症や食物アレルギー」で

「苦しみそれが悩み」になっている場合は、

この研究について興味や関心をもって

勉強した方がいいでしょうね。

sponsored link

こちらの記事も全部どうぞ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ