能年玲奈トークにイライラ!?苦手で下手が理由か?


normalNHKの「あまちゃん」出演以降、若手人気女優として

大活躍しているのがこの能年玲奈さんですよ。また、

彼女の大活躍している大きな要因として「独特の雰囲

気」があると思われますが、実際の彼女は・・・?

sponsored link

能年玲奈プロフィール

BX5xppJCUAEXpyK

本名:能年玲奈

出身地:兵庫県神崎郡神河町

生年月日:1993年7月13日

身長:162cm

血液型:A型

職業:女優

所属事務所:レプロエンタテインメント

活動期間:2006年~

代表作(映画):「ホットロード」「海月姫」

代表作(ドラマ):「鍵のかかった部屋」「あまちゃん」

CM:「キヤノン ミラーレスカメラ」「スクウェア・エニックス」

sponsored link

能年玲奈トークにイライラする人が急増してる?

b7owe

Bt6WcCECMAAf6_D

能年玲奈さんがテレビ番組に出演する際に

司会者とのトークのキャッチボールが

あまりよくできていない理由は、

 

上の二つの画像の様子を見てもらうと分かるように

「よく考えてから話すタイプ」なので、

このタイプの人は自分が話す内容をすぐに思いつくけど、

 

「話す内容は正しいか?」

「話す内容によって相手を困らせたり嫌な気持ちにさせないか?」

 

という事を考え、

それら考えのなかで「一番良いと自分で判断したもの」を

選択するのに時間がかかってしまうため、

その様子を見た周囲の人は

「イライラしてしまう」のではないかと思われます。

 

しかし、「よく考え」それから行動するタイプだからこそ、

「あまちゃん」で演じたような

「天真爛漫」なキャラもうまく表現でき

若手人気女優としての地位を

確立する事ができたんじゃないでしょうか?

 

まぁ、それに加えて「独特の雰囲気」があって、

その雰囲気が「意味不明」なところも

周囲の「ほっておけない」という人間の「愛情」という部分を刺激し、

 

彼女をまるで

「家族のように」「娘のように」「妹のように」感じるからこそ、

「イライラしてもけっきょく見て応援している」というような

状態になってしまうので、

 

結果、彼女は

「自分のありのままの姿を肯定的に受け入れてもらっている」ため、

今後も独特な雰囲気を維持しつつ、

それを進化させて活躍していく事でしょうね。

sponsored link

こちらの記事も全部どうぞ

コメントを残す

このページの先頭へ