福士蒼汰のイタリア語が海外の反応を得られたのはなぜか!?


s_1301-150x1501人気若手俳優として「映画」「ドラマ」「CM」など

で大活躍しているのがこの福士蒼汰さんですよ。です

が、その人気は理由は客観的に見てカッコイイという

だけではない深い理由があると思うのです。

sponsored link

福士蒼汰プロフィール

002

本名:福士蒼汰

出身地:東京都

生年月日:1993年5月30日

身長:183cm

血液型:O型

学歴:目黒高校

職業:俳優

所属事務所:研音

活動期間:2010年~

代表作(映画):「神さまの言うとおり」「ストロボ・エッジ」

代表作(ドラマ):「仮面ライダーフォーゼ」「あまちゃん」

CM:「KDDI」「ロッテ」「アサヒ飲料」「花王」

sponsored link

イタリア語で海外の反応を得られたのはなぜか?

この動画を見た素直な感動が、僕が冒頭で書いた要因の一つだと思うんですが

正直、若手俳優でここまでの意識をもって「学びに時間を投資している」事に

感心するし、同時に共感もしてしまいますよね。

 

では、「どうして外国語なのか?」あるいは日本の芸能界の中で

活動するんだから「日本語でいいじゃないか!」など

多数の疑問があると思うので僕の見解をここからは書いていこうと思うのですが

 

まず、福士蒼汰さんは将来的に「世界で活躍したい」という目標があって

その目標を叶える手段の一つとして「外国語」があります。

だから、「日本語を大切にしつつ外国語の学びに時間を投資している」のです。

 

で、この考え方はこれからの芸能人としての在り方として正しいと思います。

なぜならば、「日本の芸能界で活躍できる機会」が

これからどんどん少なくなっていくからです。

 

というのも、芸能界の活躍できる基本的なかたちは

「テレビ出演を増やす事」ですが、

インターネット活用人口が年々増加するとともに

 

「テレビを見なくなる=テレビ局に支払われる広告支払い料金額が下がる」

ので、「テレビそのものの存在がヤバい」がゆえに

二人三脚でこれまで苦楽を共にしてきた芸能界も打撃をうけるため

だから、「俳優として海外で活躍するための外国語」なので

 

これから厳しい状況になったとしても「安心できる」一つの要因として

備え高めているのではないでしょうか。

sponsored link

こちらの記事も全部どうぞ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ