前田敦子のエラはボトックス加工済!?削った画像を比較する!


50856-150x1501AKB48の全盛期にセンターとして活躍していたのが

この前田敦子さんですよ。また、卒業後は「映画」

「ドラマ」「CM」などで活躍する一方で顔が変わっ

た?などの噂があるようなので調べてみました。

sponsored link

前田敦子プロフィール

G20120131002540240_view

本名:前田敦子

出身地:千葉県市川市

生年月日:1991年7月10日

身長:161 cm

血液型:A型

学歴:晃陽学園高等学校(通信制)

職業:女優、歌手

所属事務所:太田プロダクション

活動期間:2005年~

代表作(映画):「さよなら歌舞伎町」「イニシエーション・ラブ」

代表作(ドラマ):「マジすか学園」「Q10」「クロユリ団地〜序章〜」

CM:「丸美屋食品工業」「トヨタ自動車」

sponsored link

前田敦子のエラは一体どうなっているのか?

01186

20150310222431094

明らかにって感じですね。

でも、「まぁしょうがないんじゃないの?」って

気持ちになってしまうのは僕だけではなく、

この記事を読んでいるあなたもきっと

同じ感想をもったことでしょうね。

 

で、「どうしてこのような手段をとってしまったのか?」が

とっても気になるところだと思うので、

そこから独自の解釈をしていこうと思っているのですが、

前田敦子さんはAKB48卒業以降の活躍がいまいちでした。

 

というのも、AKB48時代はその

「チームに所属している」「着ている衣装が可愛らしい」

などの理由で彼女に対するブランド価値が非常に高く、

「冷静に見たら一般的なビジュアル」であるにもかかわらず、

 

超人気アイドルとして世間の注目を集め

しかもレコード大賞までとってしまうなど、

マイナーだったAKB48をメジャーにした事で

かなり高い評価をメディアなどで受けていました。

 

また、その人気に長く居座る事なく人気絶頂のまま卒業。

その後すぐに複数の仕事をこなし、忙しい日々の中

「前田敦子ブランド」が継続しているかのように思われましたが、

しかし、ソロとしての彼女に対する世間の評価は低く、

 

その要因の一つして「女優なのにかわいくない・・・」でした。

まぁ、確かにアイドルとして活動している時は

「なんとなくごまかせた」でしょうが、

 

女優としての評価となってくると

「まずビジュアル重視」っていうのが世間の常識なので、

その常識にそったかたちをとった結果が

「エラ削りとボトックス」だったんじゃないでしょうか?

sponsored link

こちらの記事も全部どうぞ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ