三上真史の高校の彼女は園芸部でボウケンジャー好き!?


mikamimasashi_img新潟県出身の三上真史さんは、ワタナベエン

ターテインメント所属し、「D-BOYS」のメ

ンバーとして活躍しており、高校の彼女は園

芸部でボウケンジャー好きってほんと!?

sponsored link

三上真史の高校の彼女はボウケンジャー好き!?

photo03

新潟県新潟市の三上真史さんは、

高校卒業まで新潟で過ごし、大学進学のため上京し、

東京観光をしていた時に、

 

クラフコエンタテインメントの事務所関係者から

「芸能界の仕事に興味ありませんか?」

といった内容のスカウトをされ、

(のちにワタナベエンターテインメントに移籍した)

 

「正直うさんくさいなぁ」と心の中で思ったため、

「もらった名刺に後で電話します!」とその場はそう話し、

 

家に帰ってから実家の母親に

「かーちゃん、上京してすぐにスカウトされたけど、

これって怪しい勧誘かな?」と相談したところ、

 

「上京してそんなはやくそんなうまい話があるわけねぇ!

それに、上京した田舎者を騙す手法だ!」

とアドバイスをしてもらい、

その時は納得して電話を切ったようなんですが、

 

もらった名刺の事務所名や

過去の実績を調べていくうちに、

「実は有名人がたくさん所属している事務所」

であるという事が分かり、

その名刺に電話した事がきっかけで芸能界入りました。

 

また、2006年2月にテレビ朝日の

「轟轟戦隊ボウケンジャー」の「最上蒼太  ボウケンブルー」

として起用された彼は、共演していた中村知世らと共に、

「悪に向かって戦う」といった物語を続けていく中で、

子供から絶大な人気となり、

 

しかも毎週それを一緒に見ていたその母親からも

「カッコイイ!カワイイ!」と評価されるうちに、

彼と彼女が「付き合っている!?」といった

噂がでてしまうほどでした。

ちなみに、彼と彼女は「高校の同級生ではない」ようです。

sponsored link

三上真史は昔園芸部だった!?

o0480064012919198093

2007年5月に「第4回D-BOYSオーディション」で

準グランプリを獲得した事をきっかけに、

広い世代からの注目を集めた彼は、

 

2011年からEテレ「趣味の園芸」の

メインナビゲーターの仕事のオファーをしてもらって以降、

2012年11月、「ガーデンコーディネーターの資格」を取得し、

現在は、俳優としての活動よりも

「園芸の仕事をメインとし、それに情熱を注いでいる」

といった状態のようです。

sponsored link

こちらの記事も全部どうぞ

コメントを残す

このページの先頭へ